<基礎知識>宗教と立地条件が大切な霊園選び

ただ単に霊園と言いましても、民間霊園と公営霊園、そして寺院の3つの中から選ぶこととなります。
それぞれメリット・デメリットがありますので、まずはそれを把握してから理想的な霊園を選ぶようにしましょう。 霊園の中には仏教ならどの宗派でも構わないという墓地も最近では多くあります。
しかし仏教以外の宗教や仏教系でも新宗教では購入することが出来ないといったケースもあるので、よく確認をしておいてください。
霊園選びにおきまして大切となる宗旨や宗派の条件というのは霊園や墓地によりいろいろと指定されています。
このことから自分の宗旨や宗派、そして今後どうしていきたいのかなどを予め考えておく必要があるのです。

 

お墓参りに気軽に行きやすい霊園というのは理想的だと考えている人が多くいらっしゃることでしょう。
自宅の近所に霊園を買うことが出来なかったとしても、交通の便が良いところを選べばさほど苦労をすることは無くなります。



<基礎知識>宗教と立地条件が大切な霊園選びブログ:21-6-19

おれの旦那は
「ありがとう」をたくさん言ってくれる人です。

日々作る食事に、
毎回「ありがとう」って言ってくれたり、
何気なく出したメールに「ありがとう」って言ったり感動したり、
過去の出来事にも何度も感謝したりします。

「そんなことにもお礼を言ってくれるの?!」
と言うのもありますが、
たわいもないことをちゃんと受け取めてくれているという気持ちや、
自分では当たり前だと思うことにも感謝してくれるという気持ちが
おれはとても嬉しいです。

小さな変化を見逃さない新鮮な目線を持てる人って感動も違ったり、
喜びの度合いも違いますよね。

息子なんかはそうですけど、
母親が髪の毛切ったのにすぐ気が付いたりしますよね。

それが、とても素敵なことのように伝えていたりして、
その発見力と表現力はすごいものです!!
それを伝えると母親もとっても嬉しそうだったりします。

大人になるにしたがって、
日々見ているものが当たり前になって、
視界から消えてしまっているんですよね。

でも、日々当たり前にやり過ごされる小さなことに気が付いて、
お礼や感謝を伝えていけるのって、いいなぁ!
心があるなぁ…そんな感じがするんです。

相手にとってもそうですし、
自分自身でも小さな感動をたくさん持てることになりますよね。

「ありがとう」という言葉は、
心のコミュニケーションの中で一番シンプルで
強みのある言葉ではないかなぁ…と、
おれは最近しみじみと感じています。

おれも旦那に負けないくらいに
日々起こるたくさんの出来事の一つ一つに、
感謝していられる人でありたいなぁ〜と思っています。

―地球滅亡まであと427日―